四万十コンクリート株式会社

じばちゃん 大賞受賞されて何か変化はありましたか?
四万十コンクリート マスコミなど5,6社から取材をうけました。取引先はもちろん、コンクリートに関係のない一般の方からも問い合わせがあり、興味を持ってくれていると感じました。
じばちゃん 四万十町の広報誌にも大きく掲載されましたね。
http://www.town.shimanto.lg.jp/download/?t=KHN&id=72&fid=25396
http://www.town.shimanto.lg.jp/download/?t=KHN&id=72&fid=25395
四万十コンクリート 受賞後すぐに町長に報告に伺いました。非常に喜んでいただき、広報誌の表紙と特集に取り上げられたことで、地元の方からも声をかけていただきました。
じばちゃん 受賞製品の業績はどうですか?
四万十コンクリート 2月の受賞後、新規で数件の取引につながり、現在も視察や見積もりの問い合わせが続いています。弊社は営業力が弱いのがネックでしたが、地場産業大賞を受賞したことをきっかけにして積極的に営業展開ができるので、たいへんメリットを感じています。
じばちゃん 受賞してからどのようにPR活動をされましたか?
四万十コンクリート 受賞報告の文書を県内外の取引先、官公庁、市町村に300以上発送しました。パンフレットにも「高知県地場産業大賞」受賞のシールを作成し添付して配布しました。
じばちゃん 受賞を活かして次の一手をお考えですか?
四万十コンクリート 今年が勝負と考えていて、7月に東京ビッグサイトでの「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2017」に初めて出展を予定しています。展示会の前に知財の準備も進めています。  また地場産業大賞受賞で社員のモチベーションも上がっていますので、会社としての経営ビジョンを会社一丸となって実現するために、高知県産業振興センターの事業戦略策定事業に手を挙げ、取り組んでいます。事業戦略策定は社員の意識の向上に確実につながっていると感じましたので同業者にもすすめています。