2008.02.12 No.245
 ●日時 平成19年11月28日
 ●場所 ぢばさんセンター5階 第3研修室

【参加者】  有限会社中野精工 取締役部長 中野 浩次
株式会社オサシ・テクノス 工場長 戸梶 博司
専門家 NPO法人 情報化ユートピア 理事長 中村 州男


中村 州男氏

●中村 「見える化」とは、会社の中にいらっしゃる方々が自分の仕事がやりやすくなること。管理職、あるいは経営者であれば、どんなことをやっているのかが見えるようになること。これは非常に大事なことだと思っています。この「見える化」をキーワードとしてお話をするならば、今日の中野部長様のほうは、社内の特に見積もり、受注、山積み、そして作業実績の把握がポイントになると思います。戸梶工場長様のほうは、これからのスタートですが、生産計画から今現実にある在庫と将来のある日の時点における計画上の在庫も含めて、どれくらいの在庫量になるのだろうかと。モノの数をしっかりと管理して、生産指示ならびに発注の管理に結びつける。そういった効率化を進めるための見える化を考えておられる企業です。また、今回の事例以外では、Web−EDIと生産管理をうまく連携するための支援を行っています。Web−EDIというのは非常に便利なように見えますが、実際、発注側独自のWeb−EDIシステムになりますので、結局、負荷・負担が受注企業側に掛かってきます。発注企業が、1社、2社…と増えていきますと、受注側はそれぞれログインしていかなければいけない。これは、本来持つべき統一的なEDIの機能とかけ離れていると思っています。この企業さんの例では、発注側企業の協力会のメンバーから意見書を出してシステムを変えていただきました。メールの中に必要なデータを暗号化しても結構だから入れてくれと。そうしますとパソコンの前にいちいち座らずにその処理ができるようになります。メールの中に、データや図面情報があれば、メールを受ける都度、作業指示書まで変換して自動的に出すことができます。仕事の流れが、コンピューターの中をいちいち見なくても勝手に印刷されて出てくるので、効率化されます。こんなふうに見えるようにしてあげなきゃいけない。その意味で企業間取引における見える化ということで、活動をさせていただいています。こういった3つの角度から、製造業における見える化ということに着手しており、今回はその中から2つの事例をご紹介させていただこうと思っています。




   〒781-5101 高知市布師田3992-2
   TEL:088-845-6600 FAX:088-846-2556
   E-mail:info@joho-kochi.or.jp