2008.02.12 No.245
 ●日時 平成19年11月28日
 ●場所 ぢばさんセンター5階 第3研修室

【参加者】  有限会社中野精工 取締役部長 中野 浩次
株式会社オサシ・テクノス 工場長 戸梶 博司
専門家 NPO法人 情報化ユートピア 理事長 中村 州男


戸梶 博司氏
●戸梶 約10年前から購買業務(在庫管理)の情報化にトライしています。製造業向けの生産管理ソフトとサーバーを導入して、当初は自社独自でトライしていました。約1年後、産業振興センターから紹介してもらった専門家にも半年程入ってもらい開発を進めていましたが、当時、ISO9001を取らなければいけないという社内事情もあって、一時中断を余儀なくされ、確立するところまでいけませんでした。その後、再開しましたが完全稼働まで至らなかったというのが実情です。この生産管理ソフトは、当社が管理していない情報を入力する必要があったため、担当者の入力作業はじめ、いろんなところで手間が増加し、結果的に、部品の数量や単価を検索するデータベースとしての利用に止まってしまい、それ以上の活用ができていない現状です。この後4、5年前にもまた産業振興センターにお願いをしまして、専門家に入ってもらい指導を受けました。そのときには営業の情報なども含めて非常に高度な仕組みのお話をしていただいて取り組もうとしていたんですけれども、新潟の震災とか、もろもろの仕事で忙しくなり、かみ砕いて我々の力にするだけの時間が内部的に取れませんでした。そんな経過があって、今に至っています。それで、どのようにしてきたかといいますと、生産管理ソフトのデータを見ながら、在庫を1人の担当者がエクセルで集計をして、何の部品がいつごろ必要か。ということをずっと手作業で行ってきています。
  こんな状況を踏まえ、実際に相当量の重要な仕入れを行っていますので、今期より購買業務を会社の重要な課題として位置づけています。製造部門と総務部門が一緒になって、購買、受発注業務を立ち上げていこうと。これは、すでに会社の方針として決めており、10月のはじめから動いておりました。その矢先、産業振興センターから国の支援制度の紹介を得て、中村先生を派遣していただけるようになりました。昨日は、先生に作ってきていただいたソフトのプロトタイプで、実際の動きが確認でき、実現の見通しも立ち安心したところです。実務は当然我々がしなきゃいけない。それは肝に銘じていましたけれども、なかなかその時間も取れない。後に宿題がどれくらい残るか不安でした。また、在庫管理など社内のシステム化を整理するのは、繁忙期に入る前の2月一杯位がリミットかなという社内の状況もありました。そんな中で、中村先生に入っていただけたことで見通しが立ったように思います。先生は、実際的に動いてもくれるし、熱意を持って私どもを支援してくれますので、本当にありがたいと感じています。

画面1 メニュー


画面2 入力画面


画面3 検索画面
●中村 過去にそういう経緯をお持ちになりながら、私を呼んでくれたことに感謝しています。戸梶工場長さんからお話がありましたように、私のほうから宿題を出しますし、宿題もいただきます。今回出した宿題は、期限までにしっかりと資料を作って、送っていただきました。工場長さんはじめ、課長さん、係長さん、社員の皆さんが、チームとして活動するという意志や姿勢がしっかりされていることがよく分かりました。資料を作っていただくのと同時に、今度は私のほうから今までのお話をお聞きした中で簡単なプロトタイプのモデルを作って、昨日、お見せしたという次第です。
  先ほどから在庫情報の話が出ていますけども、しっかりした計画に基づいた活動をされています。生産計画、生産の指示、発注、完成、仕入れ。それから実際にそういう現場への移動、そして出荷計画、出荷予定、出荷。こういった情報管理がすごく大事な会社ということが分かります。
  さて、ここに在庫情報の問い合わせが簡単にできる仕組みを用意してきました。

※画面1〜画面4  たくさんの資料を出していただいたにもかかわらず、果たしてこんなシンプルなシステムで良かったんでしょうか。

●戸梶 シンプルなほうが絶対良いわけです。このPersonal−TOPというデータベースソフトは、直しながら実験して運用できるようになっているようなので、私どもとしては非常にありがたいです。エクセルなりで帳票を出すとか、集計結果を見せるとか、そういう肉付けはできるでしょうし。実際作るほうの担当者も、当初は在庫管理までしか考えてなかったようだが、ソフトを見て、これならある程度いけるという印象を持ったようで、製番管理もやりたいという話も出てきています。実物を見る事で整理ができたのだと認識していますので、不満はありません。

●中村 このように、プロトタイプを1つお見せすることで会社の状況なり、必要なことがさらに分かって、分かったことに対して、システム的にはこうやれば解決しますよというのをフィードバックすると、それに対してまた返ってくるというやり方を繰り返してシステムを作っていきます。また、会社の中で根づくように全社的な合意を形成しながら進めるようにしています。2月の時点で、確実に何かのシステムが動き出すという状況になると思います。ただし納品書まできっちり出るようになっているかどうかは別で、1本目はちゃんと私のほうで作りますけど、2本目以降は自分達で勉強して作ってくださいというやり方をしますので、あとは皆さんのご努力次第だと考えてください。このような方法で進めながら、誠心誠意、支援させていただきたいと思っています。


画面4 月別在庫検索結果

●戸梶
 ありがとうございます。私自身、ソフトを作るわけではないのですが、今後は実務上で担当者とのすり合わせの段階になると思います。実務をやっているとイレギュラーなこともすべてソフトに入れたくなりがちです。それをやると、動かなくなるのは経験上分かっていますが、技術屋は納得できないときがあります。本来の目的を忘れ複雑になればなるほど、へんなバロメーターがくっつきますので、そこら辺を整理して、さばいていただければありがたいと思っています。

>>>事例1.(有)中野精工



   〒781-5101 高知市布師田3992-2
   TEL:088-845-6600 FAX:088-846-2556
   E-mail:info@joho-kochi.or.jp