情報プラットフォーム 2010年2月号 No.269

トマト特集

食品の安心・安全、美味しさの追求は、
こだわりから

高知市南久保、卸団地1番街の一角に本社を構える食品メーカーがある。

創業は大正9年。醤油の量り売りからスタートし、その後、醤油を手始めに、有機素材にこだわり、全国トップレベルのブレンド技術を駆使して、ソース、ケチャップ、各種たれ類まで幅広く製造している企業だ。

キングソースのブランドをご存じだろうか。その製造元、株式会社ケンシヨーだ。

トマト特集ということで、ジュース以外では、県内でも非常に多くのトマトを原料として使用している同社の町田直明社長さんに、お話を伺った。

素材へのこだわり

ソースやケチャップの主原料と言えばトマト。現在、ペースト状に加工されたトマトを年間10t程トルコから輸入しているほか、県内産の生のトマトを約2トン使用している。これらは全て有機農法で栽培されたもので、トマト以外の野菜類 も県内で契約栽培されたものを使用している。また、着色料・保存料、甘味料などの食品添加物は一切使わないという原料へのこだわりは見事である。

容器もまた、現在の主流であるチューブ式のものではなく、少しでも酸化を防ぐために、かたくなに瓶詰めにこだわっている。 同社の製品がヘルシー製品として全国的に評価を得ているのも納得できる。

技術へのこだわり

美味しさの追求には、素材へのこだわりとともに、素材の良さを活かす高い技術力が欠かせない。

代表的製品「濃厚ソース」は、トマトをはじめとし、なんと25種類もの素材をブレンドして製造されている。その絶妙なブレンド技術は、まさに職人技。昭和22年にソースを製造し始めて60年余り、まじめに取り組んできた技術の蓄積があってこそ生まれたものだ。「どっちの料理ショー」でも取り上げられ、製造が追いつかない程の好評を得たのは、日本全国に誇れる高い技術力によって生み出された製品であったからだ。

メイドイン高知へのこだわり

県内産トマトへのこだわりから生まれたのがトマトケチャップ「JAPON」。

高知市春野で有機農法により契約栽培された幻のトマトと言われるルネッサンス種を100%使用したもので、主原料のトマトだけではなく、室戸海洋深層水塩も使用されている。 昨年9月から、首都圏の伊勢丹で販売されているが、料理研究家などからの評価も高く、業界誌で「トマトケチャップの革命が起こる!?」と紹介されるなど、一時欠品になるほどの好評を得ている。

これがきっかけとなり、この3月から、県内産ショウガを使用した、生姜焼きのタレも伊勢丹百貨店で発売されることとなっている。

これからへのこだわり

トマトをはじめとして、有機栽培原料の使用では30年余りの実績があり、高い評価を得ていたが、メイドイン高知にこだわった「JAPON」の成功もあり、これからは今まで以上に、国内産、県内産原料の使用にこだわりを持って新商品を開発し、県外への展開を進めていこうとしている。

その第一歩として商品ラベルの全面的な改定を進めている。

現在、製品ラベルに入っている「キングソース」という商標は、同社が最初に製造したソースの商品名をそのまま商標として使用してきたもので、ケチャップのラベルにまで「キングソース」というロゴが入っている。このなじみの深い「キングソース」というロゴの使用をやめ、ケンシヨーブランドに統一し、ラベルも新たなコンセプトで一新しようとしている。新たな展開へ賭ける意気込みが伝わってくる。


社長さんから

県産トマトを使いたいという強い思いが「JAPON」開発のきっかけでした。県内では、トマトをはじめ大変良い素材が多種生産されています。とくに無農薬有機栽培に取り組まれている農家の方も多くなり、知恵と工夫というソフトを駆使して非常にまじめに生産されています。我々食品加工業者も単に機械設備で製造するということだけではなく、わが社のブレンド技術のようなノウハウ、ソフト面が大事です。素材生産者と食品加工業者が密に情報交換を行い、お互いにソフト面を高めて、食の安心・安全、美味しさを追求することによって、少しでも付加価値を高め、消費者の方に喜んでいただける商品を造っていくことが、高知県の一次産業、食品製造業のこれからの方向性として特に大切なことではないかと考えています。

消費者の方にも、良いもの、本物を見る目を持って食品を選んでいただきたいし、そのことが素材生産者、食品加工業者の励みとなり、食の安心・安全にもつながっていくのだと思います。

代表取締役社長 町田直明さん
代表取締役社長 町田直明さん
株式会社ケンシヨー 〒780-8692
高知県南久保6番30号
TEL 088-882-0030
FAX 088-882-3454
http://sauce-kobo.com/
E-mail:info@sauce-kobo.com