中四国支援センター連絡協議会共同取材
「ECは新戦力、不敗経営へチャレンジ」

株式会社 ヤマサキ 山崎宏忠氏
代表取締役 山崎 宏忠氏
代表者名 山崎 宏忠氏
住 所 広島市中区舟入本町3-7
TEL 082-292-7141
設 立 1970年11月
資本金 2000万円
売 上 40人(パート・アルバイトを含む)
従業員 5億2500万円
事業内容
  1. 化粧品(海草シャンプーなど)
  2. 入浴剤(やすらぎ便り・日本ふるさと湯と旅など)
http://www.yamasaki-co.jp
http://www.rakuten.co.jp/ymsk/

 毛利元就が好きだという。無敵の大内軍を一世一代の深謀によって破った厳島(安芸の宮島)合戦。 その時の元就と同年代になった今、「勝負の秋(とき)」と自ら言うのは化粧品、入浴剤メーカー、ヤ マサキ社長の山崎宏忠さん。
 戦国武将と電子商取引(EC)。ミスマッチだが、そうでもないらしい。武将の柔軟な発想、的確な 判断、思い切った戦略はデジタル経営そのものだという。コンピュータネットワーク販売という新戦力 を手に、「企業は利益率。強いものが生き残るのではなく、生き残ったものが強い」と、元就の不敗の 法則に挑む。

ECサイトは1日にしてならず

ヤマサキ
―まず、EC導入のきっかけからお聞きします。

 「バーチャルモール(仮想商店街)の楽天市場の三木谷社長との出会いがネット通販の入り口。それ からパソコンを買い、試行錯誤しながらホームページを作成し、文字通り手づくりで、平成12年9月 に楽天市場へショップを出した。これでどんどん売れる、と思ったのが大間違い。最初の1年間の商売 はたったの10万円。期待が大きかった分、がっかりした。商品を並べ立てるだけで,企画・運営とい うことをしていなかったのが失敗だったようだ。翌年5月に、ウェブサイト企画のエブリネットリンクに ショップの改築を依頼、運営もアウトソーシングすることになり、本格的な参入となった」。

ユーザーの生の声が聞ける

―EC参入のメリットは。

 「直接ユーザーの声が聞けることが一番だ。メーカーとしては何にも代えがたい財産。感謝や励ましの 言葉は素直にありがたいし、クレームは新しい製品や考え方を教えてくれる。これはこれまでの通販や卸 売り小売りでも電話での直接ユーザーとの会話はあったが、記録に残すのが難しかった。ネットショップ ではメールマガジンなどでの意見収集や、Eメールで率直な感想がもらえ、商品開発に直結する」。

労力と時間がネット販売成功の秘訣

ヤマサキ ―今後、ECが販売の主体になるのでしょうか。

 「現在のネット販売のウエートはまだ全体の4%前後(月商200万円)。実質的に導入してまだ1年半だか らこんなものだろう。将来も主力というより、カタログ通信販売、デパートなどでの小売り販売の卸売りと 並存するルートとして育てたいと考えている。総売上高の20%程度が理想だ。ただ、バーチャルといって もショップはショップ。店を作るのは簡単だが、集客努力しなければ人は集まらない」。