中四国支援センター連絡協議会共同取材
「本場アメリカのプロスポーツウェアをオリジナルデザインで」

株式会社 テルミ・エンタープライズ 鎌田佳輝氏
代表取締役 鎌田 佳輝氏
代表者名 鎌田 佳輝氏
住 所 香川県木田郡三木町池戸800-2
TEL 087-840-2055
設 立 平成4年2月
資本金 4,000万円
従業員 9名
事業内容 ユニフォーム及びオリジナルスポーツウェアの企画・製造・販売。 シルクスクリーン製版、特殊プリント受注加工販売。
http://www.trnet.co.jp

 北米プロスポーツ界のトップウェアメーカー「スタールズ社」の日本総代理店としてプレスマシーン、 カッティングシート、転写システム等を国内販売するとともに、本格的スポーツウェアとセールスプロ モーション商品(ナイロンジャンパー、Tシャツ、マグカップ等)へのデジタルプリントサービスを、 電子商取引による全国大手メーカー及び一般ユーザー向けに提供している。

電子商取引の導入時期とその経緯

シルクスクリーンの印刷機
シルクスクリーンの印刷機
 現社長鎌田佳輝氏は実父が経営していた座卓メーカーに平成元年に後継者として入社した。入社と同時に デジタルプリントサービス部門を併設し、同部門の伸張により平成4年2月に分離独立し(株)テルミ・エ ンタープライズを創業、代表取締役に就任した。
 現在デジタルプリント業界は過当競争期に入っており、納期・価格はもちろん、品質(プリント時の色合 い・製版技術・ビジュアル企画)での差別化戦略で勝敗が決まる激戦状態である。このような中、IT化の 進展とともにプリント設備が急速に技術進歩し、企画デザイン〜製版〜印刷のすべての部門が様変わりして いる。
 当社の電子商取引の導入は、全国的な新規顧客獲得と次第に増えてきた海外取引の円滑化のために平成8 年に実施された。他社に先駆けた先行実施であったために注目度も高く、大手企業(リコー、パナソニック 等)と取引が始まったのもこの時期であった。
 現在では新規個人ユーザーも増え、売上の20%がHPを見た新規顧客となっている。

現状と課題

テルミ・エンタープライズ  主力商品はスポーツウェアとノベルティーグッズである。特にスポーツウェアは北米4大スポーツといわれ るNBA、NHLのプロチームのオフィシャルウェアを提供する本格的なものである。又ノベルティグッズは 個人ユーザーを中心にナイロンジャンパー、Tシャツ、マグカップ等である。プロも認める高品質ウェアを手 軽に個人ユーザーが注文できるのが評判になり、口コミで一般ユーザーが増加傾向となっている。
 課題としては、回線速度のスピードが局からの距離により左右されることをあげており、当社でもサーバー を横浜に設置して対応するなど通信インフラの整備遅れを指摘している。また、クレジット決済の導入も今後 の課題といえよう。