中四国支援センター連絡協議会共同取材
「卸企業の格安品売買を目的にモール開設」

岡山県総合流通センター卸協同組合 藤原眞人氏
青年部IT委員長 藤原眞人氏
代表者名 理事長 中野 英一氏
住 所 岡山市大内田714-1
TEL 086-292-5551
設 立 1983年8月
資本金 4,969万円
組合員数 50社
http://www.optic.or.jp/ryutuu/top/moor/moor.html

試行錯誤により自力でショッピングモールを構築

青年部IT委員会
モールなどのあり方を検討する
青年部IT委員会
 岡山県総合流通センター卸協同組合は、中四国の物流拠点として発展している岡山県総合流通センターの中核団地 をなす卸組合である。
 同組合がショッピングモールを開設したのは平成13年8月。きっかけは、青年部IT委員会で「やってみよう」との 声があがったことだった。同組合では、その1年前に自力でホームページを立ち上げており、基礎知識があったことか ら、専門業者に委託せず、事務局を務める総務部の井伊貴業務課長が中心となって作成。「いろいろなホームページを 見て参考にするなどして試行錯誤で作った」と井伊課長は言う。モールの名称を「激安ショッピングモール」としたこ とで、開設時には一躍注目を浴びた。

商品は組合参加企業の季節商品や在庫処分品

 商品は、「食品・飲料」「機械器具・各種資材」「家具」「日用品・雑貨」「家電」「その他(掘り出し物)」の6 つのカテゴリーに分かれており、同組合参加企業が特別に出品した季節商品や在庫処分品を格安な価格で提供している。
 実は、同組合ではもともとモール開設の目的を「同センター入居企業とその従業員への福利厚生の一環」と位置付け ていた。その旨をトップページに記しているが、インターネットという広く一般に開かれた道具だけに、実際には外部 からの、特に東京など県外からのアクセスや注文が大半を占める。井伊課長は「センター内であれば輸送の手間とコス トがいらない。売り手は在庫処分、買い手は共同購入などで互いにメリットがあると考えていたが、思惑ははずれ、セ ンター内での取引は低調」と話している。

限界がある現システムの見直しも検討へ

激安ショッピングモール  こうした経緯からモールにはショッピングカートを設けていない。売買に関するやりとりは当事者間に委ねており、 事務局は掲載商品の追加・削除と、月に一度の利用報告を受けとるのみ。「カートがなければ売上にも自ずと限界があ る。また、アンケートでは、卸ならではの更なる格安商品を望む声が多く、参加企業にも季節商品などをどんどん出品 してくれるようお願いしているが、モールへの取り組みで参加企業に温度差もあり、なかなか実現に至らない。アクセ ス数も伸び悩んでおり、今後の展開として広く一般に向けて販売していくべきか、岐路に立っている」と井伊課長。一 方で、「どんな人がどんな商品に興味を持っているのか、情報収集には役立っている」と一定の成果も。
 同組合では、ショッピングモールに取り組んでいる先進組合の視察などを行っており、現状打開への道を探っている ところだ。